海外在住者はマイナンバーなしでも海外送金可能。ただし海外転出の届出が必要

マイナンバーなしでも海外送金可能

先日のエントリーでもご紹介したこの話題。さっそく動きがありました。

「海外在住者はマイナンバーなしでも海外送金可能」と、金融庁から異例の発表(2016.2.22)。

海外在住者はマイナンバーなしで送金可能、ただし転居の届出は必要と異例の公表 | ITpro

発表資料によると、マイナンバーがないことのみを理由として、日本国外からの送金を拒否することはないとのこと。

ただし、文面を見る限り、以下の条件があるようです。

海外在住者の海外送金の条件

①日本国内の金融機関の本支店に開設された預貯金口座への、日本国外からの送金

②非居住者であることの届出を正式に行う必要あり

金融機関における非居住者が行う国外送金手続とマイナンバーについて | 金融庁(PDF)

この「②」が曲者で、銀行へ非居住の届出をした場合、解約手続を求められるか、「非居住者口座」を開設するよう言われることも予想されます。

いずれのサービスも、出国後の開設は無理なようです。

この件に関して問い合わせをしたソニー銀行の返答も、金融庁の発表と同様の内容でした。

2016年1月より、ソニー銀行への外貨建て送金(以下、被仕向け送金)を
お受け取りいただくにあたり、マイナンバーのご提供をお願いしておりますが、
海外へ転居され非居住者となられている場合は、マイナンバーのご提出は不要でございます。

●海外へ転居された場合のソニー銀行口座のご利用について

ソニー銀行では、口座開設以降に非居住者となられている場合は、
「国外への住所変更届」による非居住者のお手続をお願いしております。

非居住者のお手続きが未済の場合は、「国外への住所変更届」の
お手続きについて、お電話にて状況をお伺いのうえ、ご案内させていただきたく存じますので、
カスタマーセンターの営業時間内にお電話にてご連絡ください。

ソニー銀行では、すでに口座を開設している場合は、届出により非居住者口座へ移行できるようですが、新規開設の場合は国内居住が条件となっています。

引き続き、注視が必要

海外在住者の多くは、国内居住者用の預貯金口座を持っているでしょうから、今後海外送金をする場合は、切り替える必要がありそうです。

とはいえ、前回のエントリーでお伝えした通り、国内居住者用口座でも海外送金可能、との話もありますので、銀行に問い合わせてみないと何とも言えないのが現状です。

また、今回の措置が2018年末までの移行措置なのか定かでないですし、預金口座は2021年のマイナンバー登録義務化を予定しています。

今後どう対応が変わるか分かりませんので、引き続き注視は必要です。

(過去エントリー)海外在住者とマイナンバー制度。海外送金と口座開設ができなくなるってほんと?

マイナンバー適用開始時期

尚、発表資料は「預貯金口座への海外送金」のみに言及していますので、FSAウエスタンユニオンなどの海外送金サービスにはマイナンバーが必要と思われます。引き続き要確認です(調査中)。

さいごに

大石哲之さんのエントリーがきっかけとなり、政府が動いたという今回の流れ。賛否はあるにせよ、声を上げることの重要性に気づかされた、今回の一件でした。

今後も経過を注視していきましょう。

それでは!

アジア就職に関するご相談

当ブログ T.O.E. では「アジア就職」に関するご相談をお受けしております。 ベトナムと中国に関しましては、より深い情報を提供できると思います。 無料です!