国別比較! アジア海外就職で求められる英語力

アジア海外就職で求められる英語力

アジアで働くことを考えるときに、まず「英語力ってどれくらい必要なんだろう?」という疑問が浮かびますよね。

今回は、現地の日系企業へ就職する場合の、「求められる英語力の基準」「国ごとの、求められるレベルの違い」ついてお話しします。

英語力の基準は3パターン

アジア就職で求められる英語力は、だいたい次の3パターンに分けられます。もちろん一概に言えるものではないので、あくまで目安として考えていただければと思います。

1.ビジネスレベル

TOEICスコアでは、800点前後が目安です。

「ビジネスの場面でのコミュニケーション(メール等文章のやりとり/社内外の会話、電話、ミーティング等/プレゼンテーション)が問題無く行え、比較的複雑な業務にも対応できる」レベル。

2.日常会話(コミュニケーション)レベル

TOEICスコアでは、500点前後が目安です。

「相手の話の要点を理解し、会話できるが、商談や複雑な業務を担うのは難しい」レベル。

3.英語力不問

文字通り、英語力は問いません、ということ。

ただ、この応募条件には2種類あるので注意。「現地語能力があれば英語力不問」と「日本語のみでOK」の2つです。

 

 以上の3つのレベルに分けられます。

そして当然のことながら、求められる英語力は、職種やポジションによって変わってきます

求められるレベルは、職種やポジションによって様々

例えば「2.日常会話(コミュニケーション)レベル」の求人は、以下のような働き方を想定したものが多いです。

  • メインの顧客は日本人
  • 社外のビジネス上のコミュニケーションは日本語
  • 現地スタッフとのコミュニケーションは英語

職種は、日系企業向けのコンサルティングや営業職、日本人向けサービス業等。

管理職のポジションが期待されるので、現地スタッフとコミュニケーションがとれる英語力が必要になります。なので、日常会話レベルが求められる訳です。

また、「3.英語力不問」の場合(現地語能力も不問の場合)は、社内外のコミュニケーションがすべて日本語で完結できる環境で働くことになります。

コールセンターや日本人向けフリーペーパー等が「日本語のみでOK」の求人を出しているケースがあります。

あるいは、高度なスキルを持つ高いポジションの技術者等は、通訳付きを前提とするため語学力を問われない場合もあります。

求人数は少ないですが、こういった求人があるのも事実です。

国別比較 求められる英語力の違い

職種やポジションだけでなく、国によっても求められる英語力は様々です。

東南アジアの国々では、それぞれどのレベルの英語力が求められるのでしょうか。

 良く言われているのが、シンガポールでは高い英語力が求められるということ。

英語が公用語だから、というのがその理由です。

同じく英語が公用語の国にフィリピン、準公用語の国にインドがあります。

これらの国々もシンガポールのように高い英語力を求められるかというと、求人内容を見る限り、実際はそうではないようです。

求められる英語力は、進出企業と人材との需給バランスにも影響を受けます。

日本人の人材がより不足している国ほど、英語力への要求は低くなると考えられます。

そこで、「需給バランス」、「公用語」等その国の英語能力、人材会社へのリサーチや実体験といった情報を照らし合わせ、アジア転職で求められる英語力比較してみました。

求められる英語力

一番高い英語力を求められるのがシンガポール、続いてマレーシア。それ以外の5カ国では日常会話レベルの求人が多いことが分かります。

もちろん、シンガポールやマレーシアにも日常会話レベルで応募可能な求人はありますし、逆にタイでビジネスレベルを求められることもあります。あくまで大まかな傾向です。

いずれにしても、日常会話レベルでOKな国が多いので、「英語がちょっと。。」という人も、全然チャレンジ可能だと思いますよ。

 さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した内容、繰り返しになりますが、あくまで目安としてお考えください。

アジアの転職市場は、変化が早くトレンドに左右されやすくもあります。

実際に転職活動をする際は、エージェントへの相談や求人情報のリサーチをしっかり行ってくださいね。

それでは。

アジア就職に関するご相談

当ブログ T.O.E. では「アジア就職」に関するご相談をお受けしております。 ベトナムと中国に関しましては、より深い情報を提供できると思います。 無料です!