「海外で働きたい!でも英会話が苦手で…」な人のための、仕事術と心構え

英会話が苦手な人のための仕事術と心構え

海外で働いてみたいんだけど、英語喋れんし。。という人、すごく多いですよね。

「海外で働きたいですか?」という類いのアンケートで、「働きたくない理由」の上位に必ず上がるのが語学力(英語力)への不安

産業能率大学の調査

 はっきりいって、ぼくも英会話は苦手です。大事な会議では通訳が絶対必要ですし、西洋人に話しかけられると、ひとまずキョドります。

そんなぼくがベトナムの会社で、どうやって英語でメンバーに仕事の指示を出していたのか。

今回はその方法をお伝えします。

英語力=会話能力ではない

ところでみなさん、どれくらい英語力がないと仕事ができないと思ってますか?
漠然と渡辺謙くらいに流暢に話せなきゃダメって思っていませんか?

 「英語力」を大きく2つに分類してみましょう。

1.リーディング・ライティング(読み・書きの能力)
2.スピーキング(会話力)

日本人は「1.」の読み・書きは比較的得意ですよね。こればっかり勉強してきましたから。

みなさんの不安の多くは「2.」の会話力の方にあるんじゃないかと思います。

 

でも考えてみてください。みんな職場で四六時中喋っているんでしょうか?仕事の指示を出したり用件を伝えるとき、いちいち全てを口頭で伝えていますか?

ぼくが経験した限りでは、アジアの職場ではみーんなSkype等のチャットツールを使って会話しています。隣のスタッフともチャット。ついでにお友達ともチャット(笑)

この行為の善し悪しはここでは論じませんが、少なくとも中国やベトナムではこの環境が普通でした(日本じゃダメなんでしょうけど)。

なもんでぼくもメンバーへは、頻繁にSkypeのチャットで、業務上の指示を出していました。

日本人は読み・書きの方が得意ならば、得意な武器を使えばいいんですよね。

Skypeチャットの実例を紹介するよ!

では、実際にどんなやり取りを、どれくらいの英語力で行っていたのかをお見せします。ベトナムでのデザインスタッフとのやり取りです。
※実際の会話のキャプチャーなので、部分的に修正してます。

skype04
 Brachio(ぼくです):
ハイ!●●ちゃん!(日系企業なので、社員をちゃん付けで呼んでます)。XXXXから貰った最終データ(広告)をSkypeで送って欲しいんだけど。▲▲さんがチェックしたいんだってさ。
Vietnamese Staff:
えー全部送るの?いまチェックしてるんだけど。
Brachio:
表現と、広告ルールに従っているかどうかを確認したいんだって。
Vietnamese Staff:
ちょっとまってね。圧縮ファイル(.rar)作るから。
Brachio:
ありがとう●●ちゃん!

 

skype01
 Brachio:
PDFファイルを直接修正したの?
Vietnamese Staff:
はい、私、間違っちゃったみたい…
Brachio:
了解了解。ぼくの指示がよくなかったね。ごめんごめん。

 

skype02skype03

こちらはスタッフに、印刷見積もりを取ってもらったときのやり取り。

 

skype05

こんな感じの仕事とは関係ない会話もしてます。「ご飯食べた?」みたいなちょっとしたコミュニケーションを侮るなかれ。組織作りには超重要です。

 

どうですか?お気づきの方も多いでしょうが、なかなかブロークンですよね。文法ミスやらスペルミスやら、盛りだくさん。それでもコミュニケーションはとれているので、業務は問題無く進行するんです。

さいごに

もちろん、業務がすべてチャットで完結していた訳ではありませんし、それを勧めるつもりもありません。そもそも無理ですよね。

海外で働く上で英会話(もしくは現地語会話)能力が必要なことは変わりありません。

でもだからといって、会話能力が足りなければ仕事でコミュニケーションがとれない、ということではないんです。

英語はあくまでコミュニケーションの為のツールです。足りない分は、他のツールと組み合わせることで補う。そういった今持っている道具でなんとかするという心構えがあれば、海外に出てもうまくいきます。たぶん。

ベトナム人の多くは、ドラクエでいったら「どうのつるぎ」くらいの英語力でもバシバシ話しかけてきます。こっちも、どうのつるぎで応戦すればいいんです。

「ロトのつるぎ」を持ってないと戦えないと思っているあなた。それじゃいつまでたっても冒険に出れません。

以上、ドラクエ好きの30代がお伝えしました。

アジア就職に関するご相談

当ブログ T.O.E. では「アジア就職」に関するご相談をお受けしております。 ベトナムと中国に関しましては、より深い情報を提供できると思います。 無料です!