海外現地採用は「悲惨」なのか?

海外現地採用は「悲惨」なのか?

ご存知の方も多いでしょうが、日本人が会社員で海外で働く場合は「駐在員」と「現地採用」という2つのケースがあります。

「駐在員」は日本の本社から派遣され現地法人で働くのに対し、「現地採用」はその名の通り海外の現地で採用され、現地法人と契約して働きます。

この現地採用という働き方について「悲惨だ」という意見をよく目にするのですが、現地採用って本当に「悲惨」なんでしょうか?

ちなみにここで言う現地採用とは、日系企業の現地採用のことです。

現地採用者の実態

そもそもなぜ現地採用は「悲惨」と言われるのか。

いくつかの海外就職関連の記事では、以下のような現地採用の実態デメリットが挙げられています。

「給料が低め」
「手当がつかない」
「雇用保険や年金の問題」
「駐在員にこき使われる」
「出世の限界が見える」
日系企業の現地採用として海外で働くメリットとデメリット | 海外就職のABC

「使用人扱い」
「クビを切られ、帰国もままならない」
“駐在員の下僕”海外現地採用社員の実態〜コストカット要員、そのまま最下層へ…| Business Journal

つまり、現地採用は「待遇が悪く出世が難しい」ということなんでしょう。

ただ、そういった職場環境は海外に限ったことではなく、日本国内にもありますよね?

ではなぜ海外の現地採用がことさら「悲惨」と言われるかというと、多くの場合駐在員との格差が問題とされているんです。

駐在手当や住宅手当が付き、高級マンションに住み社用車で送迎される駐在員。子供の学費が会社負担のケースもあります。

一方現地採用は、多くの場合給与は日本の相場より低く、各種手当が付くことも稀です。

業務に関しても、重要な業務は駐在員が担う一方、現地採用者の業務は限定されており、いくら成果を出しても駐在員と同等の権限を持つことはできません。

同じ海外で働く同じ日本人なのに、大きな格差がある。

それ故、現地採用は「悲惨」と考えられているようなんです。

格差があって当たり前

駐在員と現地採用者の間には大きな格差があることは、全てではありませんが事実であるといえるでしょう。

ただ、「同じ日本人なのに」という前提はちょっと違う気がします。

もちろん国籍の上では同じ日本人でしょう。でも駐在員と現地採用者のバックグラウンドは同じじゃありません。

バックグラウンドが違う以上、格差ができて当たり前だと思うんです。

駐在員は日本の本社から派遣されています。つまり、駐在員の所属先は日本の本社。一方現地採用者は現地での直接契約なので、所属先は現地法人。

「日本の本社に所属してるだけで偉いの?」と思われる方もいるかもしれませんが、残念ながら偉いんです。

 

日本の雇用はメンバーシップ型

日本では多くの場合、会社員は「職務(ジョブ)」ではなく「所属」することで会社と契約を結んでいます。

欧米などの仕事内容で給与が決まる「ジョブ型」に対し、日本の雇用は「所属」や「勤続年数」で給与が決まる「メンバーシップ型」。なので、仕事内容ではなく所属しているかどうか(メンバーかどうか)で待遇が異なります。

正社員と契約社員・派遣社員などの非正規雇用の待遇差もこの考えに基づいているんですよね。だから同じ仕事をしていても正社員の方が待遇がいいケースがほとんどです。

海外の日系企業は、基本的に日本と同じ雇用慣行のもと運営されているので、本社メンバーでない現地採用者が駐在員と同等の待遇を得ることは困難です。

たとえ駐在員以上の業務をこなし成果を出したとしても、仕事内容で給与が決まるわけではないので、待遇面で駐在員より勝ることは考えにくいです。つまり、多くの日本企業は前提として同一労働同一賃金ではないんです。

 

不連続な職務経歴は評価が低い

また、日本の会社は不連続な職務経歴を否定的にとらえる傾向にあります。

「新卒ですぐに入社し、一社で長期に勤務し続ける」ことがメインストリームとされており、そこに乗れているか否かが評価や待遇に大きく影響します。

現地採用者は留学やワーホリで一度会社を辞めている人も少なくないでしょうし、そもそも転職して現地採用になっている時点でメインストリームから外れています

一度外れた人は、それだけで低い評価を受けてしまうのが現実です。

一方駐在員の多くは、偏差値上位の大学を卒業し大企業に入社。会社のメンバーとして働き続け昇進し、海外へ派遣されています。

つまり駐在員はメインストリームの中でも理想的なキャリアを歩んできたといえます。簡単に言うとエリートです。

「現地採用者は能力が低い」と端からレッテルを貼る駐在員も少なからず存在するのですが、「メンバーシップ型」社会で理想的なキャリアを歩んできた彼らから見れば、そこから外れてしまった現地採用者は一様に「能力が低い」と見えるのでしょう。

このように見てみると、日本社会の現状において駐在員と現地採用に格差ができてしまうのは当然と思えますし、それを直ちに是正するのは難しいと感じざるを得ません。

現地採用は悲惨なのか?

ここまでは駐在員と現地採用に「格差があって当たり前」な理由をお話ししてきましたが、では、格差がある環境で働く現地採用者は本当に「悲惨」なのでしょうか?

ぼくも実際に現地採用者として働いてきましたが、「悲惨」だと感じたことはなかったです。

周囲の現地採用の知人たちも、現状に納得して働いているように見えました(自嘲気味に格差を語る人もいましたが)。

おそらく現状を「悲惨」と感じてしまうのは、格差があるという実態を知らないまま就業してしまったり、駐在員との比較をし続ける人なんだと思います。

一方で、格差を理解した上で働き、駐在員を比較対象にしない人は「悲惨」とは感じないはずです。

現地採用である以上、比較するならば相手は同じ現地採用の日本人や現地スタッフのはず。彼らとの協業や競争にこそフォーカスすべきでしょう。そうすることでその人の市場価値が高まるんじゃないかと思います。

また、そもそも仕事以外に海外生活の意義を見い出している人からすれば、仕事に基づく格差は「悲惨」とはならないはず。海外へ出たからといって、皆がキャリアや待遇アップのために働かなきゃダメという訳ではないですよね。

つまり、格差のある現状を把握した上で「自分は自分、人は人」という態度を持てるかどうかが、「悲惨」と感じるか否かの重要なポイントになるということです。

現地採用は格差を受け入れるしかないのか?

とはいえ、頭では分かっていても実際に「人は人」と割り切るのは簡単なことではありません。

では、「やっぱり格差は納得できない」「キャリアも待遇もアップさせたい」と考える現地採用者あるいは海外就職希望者はどうすればいいのでしょうか。

 

外資系や現地企業を目指す

ひとつは、外資系や現地企業という選択肢です。

外資系駐在員の待遇は日本より数段良い場合もありますが、「日本人同士の格差」を気にする必要は無くなるでしょう。

また、全てではありませんが基本的に「仕事内容」と「成果」で評価されるので、キャリアや待遇アップの道が日系企業よりは開けていると考えられます。

 

駐在員のいない日系企業を目指す

もちろん、すべての海外日系企業が格差があって出世できないわけではありません。

現地で起業した日本人が経営し、駐在員がいない会社も少なくありません。

そういった会社では日本人従業員間の格差はないでしょうし、多くの権限を持てたり出世の機会に恵まれている場合もあります。

ぼく自身、現地で設立され日本に本社がない会社で働いた時は、経営に参画するポジションに就いたりもしました。

 

駐在員を目指す

現地採用でなく、駐在員を目指す方法もあるでしょう。

海外進出(あるいは進出予定)している企業に正社員として入社し、駐在員に抜擢されることを目指します。

現地採用から本社契約の駐在員、あるいは別の日本の企業の駐在員ポジションに転職するパターンもありますが、これらはハードルの高いレアケースであることは認識しておく必要があります。

とはいえ非現実的かというとそうではなく、ぼくの知人でもこのパターンで駐在員になった人は数名います。

ちなみに狙い目を挙げるなら、下記の記事にもあるとおり、学歴上位社でなければ入社の難しい大企業ではなく地方の中小の製造業でしょうか。

リッチ駐在員、プア現地採用? 海外で会社員をする2つの方法 | J CAST ウォッチ

海外進出をしている、あるいは検討する会社が多いのにも関わらず、海外赴任に手を挙げる社員が比較的少ない業種が製造業です。

今後はベトナム、インドあたりが赴任先になる可能性が高いかもしれません。

(過去エントリー)ベトナム就職のための、最低限知っておくべきマクロ情報

[FT]遅まきながら始まったインド製造業の挑戦 | 日本経済新聞

  

このように、ひとことに海外就職と言っても幾つかの働き方が考えられます。どのような形であれ「悲惨」と感じる結果にならないためには、自分の価値観や目的を整理し方針を決め、実態や条件に納得した上で就職することが何より大切です。

さいごに

今回は海外の駐在員と現地採用の問題を扱ったのですが、結局これって日本国内の労働問題なんですよね。

日本国内でも問題として取り上げられる「正社員」と「それ以外」の格差が、極端な形で現れているのが海外の日系企業ということなのでしょう。

片や「正社員」の中でもエリート。片や「それ以外」の中でも周辺化された(とみられている)存在。社内の日本人はその両者のみ。

これでは現地採用者が「悲惨」と感じてしまうのも無理のない話。

ただ、駐在員の責任の重さや強い拘束性を「悲惨」と見ることもできるでしょう。日本企業の正社員は、社畜と揶揄されたりしますしね。

いずれにせよ、自分が納得できる働き方ができるよう、選択していくしかなさそうです。

それでは! 

アジア就職に関するご相談

当ブログ T.O.E. では「アジア就職」に関するご相談をお受けしております。 ベトナムと中国に関しましては、より深い情報を提供できると思います。 無料です!