海外就職した韓国人の賃金収入が過去最高。韓国に何が起きているのか?

海外就職した韓国人の賃金収入が過去最高。

何やらここ最近の韓国は、海外就職関連の話題が豊富なようで、ついついウォッチし続けてしまっています。エントリーが韓国だらけになっちゃってますね。。

韓国のKBS WORLD Radio(KBSラジオ国際放送)のこちらのニュース。

去年、海内(原文ママ)で就職した韓国人の賃金収入が、これまででもっとも多かったことがわかりました。
韓国銀行が24日、発表した国際収支統計によりますと、去年、海外で就職した韓国人の賃金収入は、おととしに比べて13.1%増えて、8億6860万ドルだったということです。

去年の海外就職者の賃金収入 過去最多 | KBS WORLD Radio

1980年に統計を取り始めて以来、過去最高の数字とのこと。

海外就職した韓国人の収入の推移は以下の通り。

2012年 7億1120万ドル
2013年 7億2100万ドル
2014年 7億6790万ドル
2015年 8億6860万ドル

4年連続で増え続けているのですが、2014年までは増加率16%くらいで推移しているのに対し、2015年は13.1%と急増していることが分かります。

賃金収入急増の理由は、韓国国内の就職難が深刻化し、海外で働く若者が急増したからでしょう。

2015年に海外就職した韓国人は2,903人。前年比で72.9%増加しています。

韓国では、政府が若者の海外就職支援をしていますので、その効果がでたとも考えられます。

就職難の実態や政府の支援策等については、下記のエントリーをご参考ください。

韓国政府による青年海外就職支援策。その名は「K-Move」

韓国人は海外志向? 海外で働きたい就活生→韓国人87%、日本人46%

さいごに

お隣の国の事情なんて関係ないと言ってしまえばそれまでですが、最近の韓国の海外志向の加速っぷりからは、先行事例として学べることもあると思うんですよね。

このまま海外就職が一般的な選択肢として根付くのか、国内の雇用状況が回復すれば流れは変わるのか。韓国政府はどう対応していくのか。

個人的に気になるポイントがたくさんあるこの話題。引き続き注目していこうと思います。

それでは!

アジア就職に関するご相談

当ブログ T.O.E. では「アジア就職」に関するご相談をお受けしております。 ベトナムと中国に関しましては、より深い情報を提供できると思います。 無料です!