これから海外で働く人のための、海外在住者向け銀行口座情報まとめ【随時更新】

海外在住者向けの銀行口座まとめ

海外で働くために日本を離れるとき、日本にある「銀行口座」はどうしたらいいのか。。そんな疑問を持っている人も多いはず。

そこで今回は、海外転出しても利用可能な、海外在住者向けの銀行口座をご紹介したいと思います。

海外在住者は日本の口座を保有できない?

日本の銀行口座の多くは国内居住者向けのサービスなので、「非居住者」はそれら口座を保有できない決まりになっています。

「非居住者」の定義は、日本の所得税法で国内に住所がなく、 日本国外で継続して1年以上居住する個人。

海外で働くために、海外転出届を提出した時点で非居住者となります。

なので、本来は海外に転出した旨を銀行に申告する必要があるのですが、そうすると銀行から、口座の解約か非居住者向けサービスの利用を求められることになります。

ところが海外在住者の多くは、申告しなくても銀行から何も言われないため、そのまま口座を利用し続けているのが現状です。

ただ今後は、マイナンバーが口座に紐づくことで、非居住者による国内口座の利用はできなくなっていくと思われます。

なので、これから非居住者となり海外へ出る人は、出発前にちゃんと非居住者向けの口座を準備しておくことをおすすめします。

海外在住者向けサービスを利用しよう

というわけで、非居住者(海外在住者)向けサービスを紹介していきます。

非居住者向け口座を利用する方法は大きく2種類あります。

非居住者向け口座利用方法

1.口座開設済み、もしくは新規開設した銀行に、海外転出を届け出る方法

2.新規に非居住者向け口座を開設する方法

それでは、各サービスをみていきましょう。

1. 銀行に海外転出を届け出る

ソニー銀行

既に口座を開設済みの人は、「国外への住所変更届」の提出や「日本国内の連絡先になる人の登録」等をすることで、非居住者でも口座を利用できるようです。

海外転勤・留学などをご予定の皆さまへ | ソニー銀行

出国前のお手続きやご注意事項 | ソニー銀行

ただし、利用できるサービスに制限があります。

利用可能なサービス

  • 円預金
  • 外貨預金
  • 振込
  • 国内他行からの振込金受け取り
  • 国内外からの外貨送金の受け取り
    ※ただし、受け取りには送金目的等の確認が必要
利用できないサービス
  • ソニー銀行からの外貨送金
  • 投資信託の新規購入、等
海外送金(受け取りのみ)ができるようなので、この口座は使えそうですね。

 

新生銀行

口座開設済みの人は、日本国内に代理人を立てる等の「海外転出」手続きをすることで、口座の利用が可能になるとのこと。

一時的に海外に転出することになりました。手続きは必要ですか? | 新生銀行

サービスの詳細については、以下の情報以外は現時点では不明です。

利用できないサービス

  • 投資信託の取引は不可
  • 証券口座
非居住者用口座の海外送金については情報が無いのですが、「2016年1月以降に口座開設された人の海外送金(受け取り)にはマイナンバーが必要」とのお知らせがありますので、恐らく難しいと思います。

個人番号(マイナンバー)のお届出をお願いする主なお手続き | 新生銀行

ちなみにちょっと古い情報ですが、ネット上では、新生銀行の「海外転出」手続きは、かなり手間がかかるとの声も上がっています。。

 

SMBC信託銀行(プレスティア)

プレスティア(旧シティバンク)の口座を開設している人は、海外の住所に変更することで、口座の利用を継続できるようです。

プレスティア オンライン|SMBC信託銀行

住所変更届 兼 居住性変更に関する届出書 | SMBC信託銀行

ただし、多くのサービスの利用はできなくなります。

利用できないサービス

  • 登録済国内送金先への定額自動送金
  • オンラインでの国内都度振込
  • マルチマネークレジットの利用
  • 投資信託総合口座の開設等
  • 証券取引口座の開設、債券の購入・売却取引
  • 保険商品の新規申込み
海外送金については明記されていませんでした。

2. 新規に非居住者向け口座を開設

東京三菱UFJ銀行

UFJでは、海外勤務者向けに「グローバルダイレクト」というサービスを提供しています。

グローバルダイレクト | 東京三菱UFJ銀行

利用可能なサービス

  • 残高照会
  • 明細照会
  • お振り込み・ご本人さま名義の口座
    (サービス指定口座)へのお振り替え
  • 外国送金
  • 定期預金のお取引
  • 外貨預金のお取引
  • 住宅ロ一ンの一部繰上返済のご依頼、等
    こちらは海外送金可能なサービスのようです。

なお、出国予定日の3週間前までの申し込みと、以下の書類の書類の提出が必要とのこと。

  • 国内の勤務先企業の在籍確認可能な書類
  • 海外赴任証明書

つまりこちらは、在籍出向などの駐在員向けのサービスと考えてよいでしょう。

(参考:過去エントリー)「駐在」「出向」「移籍」…どう違うの? 海外の勤務パターンと用語を整理してみた

 

みずほ銀行

みずほ銀行の非居住者向けサービス「みずほ非居住者円預金」です。

みずほ非居住者円預金 | みずほ銀行(PDF)

利用できないサービス

  • 現金の入出金以外のキャッシュカードの取引
  • 現金の入出金以外のカードローンカードによる ATM で取引
  • 自動送金サービス
  • みずほマイレージクラブの利用
  • みずほダイレクト
  • インターネット残高照会
海外送金については明記されていませんでした。

 

SMBC信託銀行

SMBC信託銀行では、プレスティア(旧シティバンク)口座で住所変更をする以外に、「SMBCダイレクト・グローバル」という非居住者向けサービスを提供しています。

こちらは事前に、国内居住者向けの「SMBCダイレクト」の契約をする必要があるようです。

SMBCダイレクト・グローバルサービス | 三井住友銀行

利用可能なサービス

  • インターネットバンキング
  • 残高・入出金明細照会
  • 国内振込・振替
  • 外国送金
  • セキュリティ関連登録
  • 電子メール配信サービス
  • お取引明細の送付
こちらは、出国予定日の3週間前までの申し込みが必要です。

海外送金も可能のようです。

 

さいごに

いかがでしたか?

全ては拾いきれていないと思いますので、随時追加更新していければと思います。

また、今回ご紹介した情報は現時点のもので、一部を除き、直接銀行に問い合わせたわけではありません。

実際とは違う可能性もあるでしょうし、変更されていく可能性もあります。

必ず銀行へ直接お問い合わせの上、ご利用ください。

それでは!

アジア就職に関するご相談

当ブログ T.O.E. では「アジア就職」に関するご相談をお受けしております。 ベトナムと中国に関しましては、より深い情報を提供できると思います。 無料です!